レオン

今考えると、非常にまずい映画ですよね。
詳しくは、書けませんが、日本なら犯罪の匂いがします。
でも、主人公が殺し屋ですから、もはや細かいことは気にしないようにして鑑賞しましょう。
1994年 リュック・ベッソン監督の映画「レオン」ですね。ジャン・レノの出世作であり、幼き日のナタリーポートマンも、名声を手にした作品ですね。この作品からすると、ナタリー・ポートマンも、大人になりました。
このころから、すごく美人でしたね。
一応未見の方のためにあらすじです。
イタリア系の移民の孤独な殺し屋(ジャン・レノ)と、幼いマチルダ(ナタリー・ポートマン)の恋を描く。殺し屋の住むアパートと同じ階の住人が、麻薬取締官スタンス・フィールドに惨殺される。この時、買い物に行っていた、マチルダは殺し屋の部屋へ助けを求めていく。その日から、殺し屋と、幼い女子の共同生活が始まる。初めの頃は、単調ながらも安全な生活を送っていたが、スタンスが、マチルダのことを嗅ぎつけて・・・。
この映画は、ナタリー・ポートマンの可愛さがわかるだけでもいいのですが、薬をやりまくる、スタンス・フィールド(ゲーリー・オールドマン)の演技が、迫真に迫っています。
色々なジャンキーの役を演じる人はいますが、ジャンキーの中でも一番怖い分類に入ります。
ジャンキーな上に、麻薬捜査官という極悪さです。決めてから、銃をあちらこちらに撃つのも悪いですが、いい感じです。
ジャン・レノのことは、詳しく描かれていませんが、とにかくマフィアの専属殺し屋で、天涯孤独であるという設定が素晴らしく板に付いてました。
初めは、観葉植物が友達で、一人で映画を見にいくというなんとも、悲しげな姿の演技は脱帽ものです。
見てない方は、一度ぜひご覧になって見てはいかがでしょうか。