花より団子は胸キュンもあり、笑いあり

私が大好きなドラマの一つに井上真央さんと松本潤さんが主演の「花より団子」があります。
どうして好きなのかというと、胸キュンもあって面白いところがあるからです。
松本潤さんが演じる道明寺という道明寺グループの御曹司、つまりはお金持ちの坊っちゃんなんですが坊っちゃんが庶民の井上真央さん演じる牧野つくしに惚れるのですが、道明寺がいう言葉が間違っていたりするんです。
日本語がなってないというか、ことわざも間違えたりもするしで何それと見てるこっちはなるんですよね。
それでいて、恋愛には真面目でつくしを想った行動にオレ様だけどキュンとしない女子はいないです。
つくしだけでなく、つくしの親友やバイト先、家族も大事に想って尽くしてくれる道明寺はとても男前でかっこいいです。
時にはそんな道明寺でも仲間のF4の花沢類とつくしをめぐって喧嘩したり、仲間の3人にイライラをぶつけてしまって喧嘩することもありますが、それでも仲間を信じたり仲間がピンチのときは力を尽くしたりするところもある、本当に男前な男性です。
今時こんな男性は見たことありませんし、出会ったこともないです。
また時にはつくしをめぐっては花沢類を演じる小栗旬さんがつくしに顔を近づけさせたり、告白して道明寺との三角関係なところもまた気になってしまう部分です。お金持ちなだけあって庶民の私たちが送る生活や食べ物なんかにもなんだこれ、と驚きながらも食べてくれる様はちょっと面白いところでもあります。