グット・モーニング・ベトナム

今は亡き、名優ロビン・ウィリアムズ主演「グット・モーニグ・ベトナム」です。
1987年 バリー・レヴィンソン監督作品です。
未見の方のためにあらすじを簡単に記載します。
エイドリアン・クロンナウアが、1965年にサイゴンにラジオDJとして送り込まれる。軍の規則無視でハイテンションで、ロックンロールをかけてラジオ放送する。米兵からは、絶対的な人気を博すが、上層部とは険悪なムードになってしまう。
ベトナム戦争映画をよく観てらっしゃる方は、伝説のラジオパーソナリティーであることは、わかると思います。
でも、映画「プラトーン」を見ていただきますと、チャーリーシーン演じるティラーが、病院から戻り、マリファナパーティーの前に、排泄物処理をしているシーンがあると思います。
その時、トイレから、ドラム缶を引っ張り出す時に、薄くかかっていたラジオから、流れているやつですね。
主演のロビン・ウィリアムズも亡くなってしまいました。でも、ロビンの口芸と、人間味溢れ出す演技が本当に素晴らしい映画でした。
戦争の戦闘のシーンは、本当におまけ程度です。
ですから、戦争ものの映画を見たい気分の時は少し違うかもしれません。
突っ込みどこ満載になってしまいますので。ロビンの映画ですので、やはり感動のシーンは外せません。
兵士からのリクエストで、いつもは、ハイテンションのロックをかけるんですが、その日は、ルイ・アームストログの「wahat a wonderful world」がかかるシーンがあります。
そこまでの、映画の内容と相まってかかるので、めちゃめちゃ感動します。
蛇足ですが、ラジオ担当の大尉がポルカが好きで、ポルカを流して、たくさんクレームくるシーンには、笑えました。
本当に、ロビンの魅力全開の映画ですので、一度見ておくべき映画ですね。