ヒート

銃撃戦の金字塔を立てた銃撃戦といえば、もう鳥肌立ちまくりの、「ヒート」ですよね。
1995年 マイケル・マン監督。お得意のロスの夜景描写も出てきます。
お得意というより、お約束ですね。見たことない方のためにあらすじを簡単に書いておきます。
一言で言えば、凄腕の銀行強盗と、凄腕の刑事の戦いを描いた作品です。
これ以上でも、これ以下でもないという不思議な映画です。
そしてそして、デニーロと、アルパチーノの、ゴットファーザー以来の共演ですよね。実際には、ゴットファーザーで同じ画面に出たシーンはないので、初めて同じ画面に出た映画であります。
とにかく、ネタバレになるので、詳しく書けませんが、2人でのレストランのシーンは、本当に凄かったです。
2人の役者魂もぶつかって、映画の画面からパワーが湧き出ていました。
賛否は分かれるようですが。そして、本題である銃撃戦。本物の銃から音を録ったものを使用しているようです。そして、俳優は、全員銃器のしようの練習をさせられたようです。
さすが、マン監督です。アルパチーノ演じる、刑事役のヴィセントは、市民を守りながら応戦しているのが、本当の刑事みたいでカッコ良かったですね。銃も変なカスタムした映画で見栄えのするもの出なく、当時ロス警察の正式採用のマシンガンをしようしていますし、フルオートで、撃ちまくるような野暮なことはしません。刑事ですからね。
また、ちゃんと、サイドアームとして、コルトのガバメント。少し改造はされていますが、これも、正式採用の銃ですね。映画公開の当時、ウエスタンアームズというトイガンのメーカーから、発売されてました。
そのような、細かい設定にも抜かりないところが大変に良いですね。最後になりましたが、何気に、ダニー・トレホも出ていますので、こちらもチェックして見てください。