本・CD・DVD買取について

私はブックオフにはいつもお世話になっております。 本やDVD、ブランドものの買い取りなどです。(主に本の買い取りですが)。もちろん購入する時もあります。よくお世話になっているブックオフは、栄スカイル店と名古屋東別院店です。 栄スカイル店は大規模店舗で、いつ行っても沢山の人がいます。フラフラ見ているだけでも楽しい店舗です。これら2店舗に、定期的に売りたい本などが溜まると売却に行きます。 本の売却については、これまで何度も利用していて慣れているので、特に難しいこともなく簡単だと思います。 手間といえば何冊もの... Read More

世界侵略:ロサンゼルス決戦

エイリアン侵略系は、なぜかB級映画の雰囲気のが多いですが、ついつい手を出してしまいますよね。 そして、エイリアンが侵略してくると、戦闘機での空中戦が多いです。でも今回は、いきなりエイリアンが侵略してきて、海兵隊と地上戦ということで、現代の海兵隊の戦闘シーンが最初から、最後まで続いたています。 派手なアクションと戦闘シーンを見ていると娯楽性が高く頭使わなくても見れます。 そして、宇宙船から、2足歩行のエイリアンが降りてきて、ロスに攻めてきます。安易にバリアなどなく倒せる要素があるところもいいところも、なかな... Read More

ターミネーター:新起動 ジェネシス

これほど、賛否両論の映画があるんでしょうか? しかも、作成段階で、往年のファンと新しいファンを取り入れつつということで、大体の想像はついていましたが。 往年のコアなファンにとっては、いまいちだったのかもしれません。 そのようなことが、題名からもわかりますように「ターミネーター:新起動 ジェネシス」2015年 アラン・テイラー監督作品ですね。新起動ということで、これからまた新たな幕開けを宣言しています。 ですから、これまでのターミネーターは、オープニングのロールくらいの気持ちにしておき、ターミネーターとして... Read More

フェイク

スカーフェイス、ゴットファザーザーとは、また全然違ったアルパチーノの演技が堪能できる映画といえば「フェィク」ですね。 アルパチーノの、男の哀愁が存分に単横できちゃいます。 1997年 マイク・ニューウェル監督映画ですね。こ れは、実話を基にして靴られています。 なんか、アルパチーノ役のレフティは、マフィアのはずなんですが、その彼に感情移入してしまいます。 さらにこれが実話と聞くと、さらに悲しくなっちゃいます。 実は、今考えると出演がアルパチーノと、ジョニー・デップとは、なかなか豪華でしたね。 では、未見の... Read More

トゥルーライズ

トヨタの「ハリヤー」では、ありません。 垂直離発着ができるあの、アメリカ海兵隊の戦闘機の「ハリヤー」です。 戦闘機のハリヤーが出てくる映画と筋肉と言えば、もうお分かりですねわからないですね「トゥルーライズ」ですね。 1994年 ジェームズ・キャメロン監督のコメディですね・・・違います、アクション映画ですね。当時は、120億円の制作費が話題となっていました。 こんなに制作費を要したのは、ハリヤー戦闘機を型取りして、作ったからだと言われています。 でも、アクションあり、面白要素ありと、ジェームズ・キャメロン監... Read More

レオン

今考えると、非常にまずい映画ですよね。 詳しくは、書けませんが、日本なら犯罪の匂いがします。 でも、主人公が殺し屋ですから、もはや細かいことは気にしないようにして鑑賞しましょう。 1994年 リュック・ベッソン監督の映画「レオン」ですね。ジャン・レノの出世作であり、幼き日のナタリーポートマンも、名声を手にした作品ですね。この作品からすると、ナタリー・ポートマンも、大人になりました。 このころから、すごく美人でしたね。 一応未見の方のためにあらすじです。 イタリア系の移民の孤独な殺し屋(ジャン・レノ)と、幼... Read More

ヒート

銃撃戦の金字塔を立てた銃撃戦といえば、もう鳥肌立ちまくりの、「ヒート」ですよね。 1995年 マイケル・マン監督。お得意のロスの夜景描写も出てきます。 お得意というより、お約束ですね。見たことない方のためにあらすじを簡単に書いておきます。 一言で言えば、凄腕の銀行強盗と、凄腕の刑事の戦いを描いた作品です。 これ以上でも、これ以下でもないという不思議な映画です。 そしてそして、デニーロと、アルパチーノの、ゴットファーザー以来の共演ですよね。実際には、ゴットファーザーで同じ画面に出たシーンはないので、初めて同... Read More